下部消化管内視鏡検査
(大腸カメラ)

予約:要予約

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)では、大腸の中を直接観察し炎症・潰瘍・ポリープ・癌などの病気の有無を確認します。病変が疑われた場合には、患者様の同意のうえ生検での病理組織学的検査や、その場でポリープ切除術を行います。
当院では最新鋭の拡大スコープを使用し、特殊光観察や拡大観察を使った精度の高い内視鏡検査を心掛けております。また、検査に対する不安や苦痛を軽減するため、ご希望により鎮静剤を使用致します。

検査における注意事項、費用についての詳しい情報は、上記【下部消化管内視鏡検査について】の詳細ダウンロードボタンをクリックしてご確認ください。
「必ず検査前に、上記【(大腸)検査の準備について】をご参照下さい。
上記【(大腸)同意書ダウンロード】より同意書をダウンロードのうえ、必要箇所に署名をし当日ご持参下さい。

上へ